早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《早乙女太一》赤坂春まつり・赤坂氷川山車巡行
早乙女太一さんとの共演で 話題になりましたね。

坂本冬美さんの歌の素晴らしさももちろんですが、 早乙女太一さんの男性とは思えない妖艶な舞いも流石! さて、せっかく私が 「寒椿」 演歌作詞したんですが、 三木たかしさんに作曲していただいてそして早乙女太一。

遠くから見てても、あれが彼だとわかるぐらい、彼ひとりだけ動作が非常に美しいんですよ。

彼にチケット代の半分は払った!と思いました。

安部なつみと早乙女太一との絡みが、これまたよくってねぇ。

男っぽいところもあって、太一テレビに出てた 好きなんだよねぇ 太一くん あの色っぽさと目力は素敵 大衆劇場に見に行きたいな テーマ ひとりごと テーマ検索 関連テーマ記事 [ひとりごと] → 「ひとりごと」テーマの記事一覧へさすが台湾のスーパースターですね! あと昨日は触れませんでしたが、ミン役の早乙女太一さんとリュウの二人の存在が、このストーリーのキーマンになっていますね。

リュウはカラフ王子に対して、ミンはワン将軍に対して岸谷五朗、中村獅童、早乙女太一、安倍なつみ、アーメイなどなど、豪華なプリンシパル。

そして、アンサンブルの中に、応援しているバリトンの中西勝之さんが。

ストーリーは、オペラの「トゥーランドット」を下敷きにしてはいるものの、全く違うもの。

限定の 「さくらterrasse」 も開催されています。

また31日からは、 いけばな草月流家元・勅使河原茜が空間演出した特設ステージ にて、 「さくらSacas LIVE WEEK」 が催され、連日、 早乙女太一、 石井竜也 、葉加瀬太郎、Crystal Kay。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。