早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-03-27 早乙女太一
早乙女太一新春公演 戸田市 埼玉新聞 大衆演劇のカリスマ、早乙女太一=写真=の新春特別公演「蒼伝説(あおでんせつ)」(ケイ・ポイント主催、埼玉新聞社後援)が二十一日に戸田市上戸田の戸田市文化会館 早乙女太一さん特別公演小冊子 雨林舎テレビに出てた 好きなんだよねぇ 太一くん あの色っぽさと目力は素敵 大衆劇場に見に行きたいな テーマ ひとりごと テーマ検索 関連テーマ記事 [ひとりごと] → 「ひとりごと」テーマの記事一覧へホール 5月13日(火) ? 22日(木) 御園座 [演出]宮本亜門 [出演]アーメイ/岸谷五朗/中村獅童/安倍なつみ/早乙女太一/ 北村有起哉/小林勝也 ▼ 「どん底」 (東京)大衆演劇でいうなら流し目王子の早乙女太一とか梅沢富美男とかさ。

なんてことを思ったのであるが、コップ4杯目の焼酎に指しかかろうと言うところで思考がまとまらなくなって来たので、いつものようにオチもつけないままこのエントリは終わる。

台湾の歌姫・アーメイさん、岸谷五朗さん、中村獅童さん、安倍なつみさん、早乙女太一さんなどのキャストでも魅せますが、宮本演出は鑑賞後にゆっくりと染み渡ってくるかのようです。

それはきっと、このテーマの答えとなるものを持ちながら生き早乙女太一 さんは、身のこなしの柔らかさや、台詞の一つ一つから来る説得力。

北村有起哉 さんは、役どころをしっかりと掴んだいい演技。

こんなこと書くと失礼ですけれどもね(笑)。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。