早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日出発です「早乙女太一」
大衆演劇でいうなら流し目王子の早乙女太一とか梅沢富美男とかさ。

なんてことを思ったのであるが、コップ4杯目の焼酎に指しかかろうと言うところで思考がまとまらなくなって来たので、いつものようにオチもつけないままこのエントリは終わる。

ハイドのコレにはさすがの流し目王子も敵わないなぁ、年季が違うもんなぁ?(そういえば流し目王子こと早乙女太一くんはラルクファンらしいですね。

ナカーマ!ナカーマ!) 完璧な美人ってどこか現実味が無くて愛着が沸きませんが岸谷五朗、中村獅童、早乙女太一、安倍なつみ、アーメイなどなど、豪華なプリンシパル。

そして、アンサンブルの中に、応援しているバリトンの中西勝之さんが。

ストーリーは、オペラの「トゥーランドット」を下敷きにしてはいるものの、全く違うもの。

最近話題の赤坂サカス内のACTシアターで 「 トゥーランドット 」 を観賞して来ました。

岸谷五朗、中村獅童、早乙女太一等豪華なメンバーでのシアターオープニング歌劇です。

随分前に知人から「券が余ってるんだけど」と勧誘があり、即購入。

早乙女太一のような見目麗しい麗人が(男女問わず)出てくるのならともかく、・・



・・



・。

この先は言うまい・・



・・

(↓ 写真禁止だったはずなのに、なぜか写真が・・



・。

私は流し目王子こと早乙女太一くんの大ファンで、 彼の"夜桜お七"を観るたびに、何故か感動の涙がボロボロ流れてくるのですが(´;ω;`) youtube- 早乙女太一・夜桜お七 (※ 音声注意) 私が太一くんのファンになったのは。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。