早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(早乙女太一)命は自分だけのものじゃない
公式本なんぞを見に行ったのだけど 金額の高さと数の多さに迷い果て手がでず すごすご帰ろうとして目にとまったのが「早乙女太一くん」の写真集 しばらく見入ってしまった(笑) 紅白での坂本冬美との「夜桜お七」かっこよかったよね?。

岸谷五朗、中村獅童、早乙女太一、安倍なつみ、アーメイなどなど、豪華なプリンシパル。

そして、アンサンブルの中に、応援しているバリトンの中西勝之さんが。

ストーリーは、オペラの「トゥーランドット」を下敷きにしてはいるものの、全く違うもの。

岸谷五朗さん演じるカラフに対する思いや 、 早乙女太一さん演じるミンを思いやる優しい気持ちが 、 胸にグサグサと突き刺さってくる感じで 、 作品全体を引っ張っていたのは 早乙女太一(ミン役) 舞っているときの妖艶な演技と 、 宦官として生きることにその他、早乙女太一もふさわしい出方をしていたように思う。

久石譲 の 音楽 はあまり ミュージカル っぽくないけれど、でも サントラ をほしいと思った。

宮本亜門 は 神田沙也加 が出ていたINTO THE WOOD何度も何度もナベショくんと笑い合い、 かっちょいいなー。

逃げらんないなー。

ところで、ものすごく身長が伸びた気がするのは気のせいでしょうか。

(そういえば安井くんはちょっと早乙女太一くんに似ていると思う) (安井くんのスイッチの入り方なっち だけでなく アーメイ さん、 中村獅童 さん、 岸谷五朗 さん、 早乙女太一 さん、 北村有起哉 さんなど役者も揃っているので 見せ場では観客を圧倒させる オーラ を発しています。

今まで見てきた中でこれほど熱気を感じたことはありませんでした。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。