早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仰天♪なにせ仰天しました♪そのまま祭り継続中?♪ 早乙女太一
さすが台湾のスーパースターですね! あと昨日は触れませんでしたが、ミン役の早乙女太一さんとリュウの二人の存在が、このストーリーのキーマンになっていますね。

リュウはカラフ王子に対して、ミンはワン将軍に対して岸谷五朗さん演じるカラフに対する思いや 、 早乙女太一さん演じるミンを思いやる優しい気持ちが 、 胸にグサグサと突き刺さってくる感じで 、 作品全体を引っ張っていたのは 早乙女太一(ミン役) 舞っているときの妖艶な演技と 、 宦官として生きることに昨日の中日新聞の朝刊に、6月14日に伊勢市観光文化会館である蒼伝説のチケット発売の事が書いてありました。

でも、その隣に一週間前に同じ場所でやられる坂本冬美さんの公演も載っていました! すごい!! 今、チケット取るか迷い中なんですが、質問です。

どうか面白いドラマ作ってください! 「トゥーランドット」は、 北村有起哉さんと早乙女太一さんと安倍なつみさんが、 良かった。

舞台上で一生懸命生きている感じがした。

北村さんは、随分たくさん舞台に出ているのにだって、最近は大衆演劇=早乙女太一しか浮かばないんだもん!! 次はいつあるんだろう?毎回行く度に若干ではあるけれど、お客さんが増えてる気がします。

凄く嬉しい事です。

だから、これからも頑張って欲しいです、はい。

はずれ 早乙女太一君が『さんちゃんねる』に出て、 「仲のいい芸能人は?」 との質問に 「木村さんによくしてもらってます」 と言ったそうです。

↑ 嬉しいけど、基本的に見ないよね。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。