早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレアリ】トゥーランドット観劇レポート(3/29夜公演)〔早乙女太一〕
これからも頑張ってほしいですね.早乙女太一 今日も週刊早乙女太一やるらしい。

でもほかの見たいやつと時間帯がかぶってるー。

この部分は iframe 対応のブラウザで見てください。

[ もっと調べてみましょう ] 早乙女太一目を奪われたのは「流し目王子」こと早乙女太一の動きの美しさ! 製作発表の席で観たときは特別な印象がなかったのに 舞台になる 中村獅童 = ワン 安倍なつみ = リュー 早乙女太一 = ミン 小林勝也 = ティムール 北村意味不明?? わかってもらえるかしら? それにしても早乙女太一君は、しなやかで美しかったな?。

すっかりおばちゃん目線です。

ついでに赤坂サカスで食事もしてきました。

ガレット、いわゆるそば粉のクレープ。

オシャレでしょ。

岸谷五朗、中村獅童、早乙女太一、安倍なつみ、アーメイなどなど、豪華なプリンシパル。

そして、アンサンブルの中に、応援しているバリトンの中西勝之さんが。

ストーリーは、オペラの「トゥーランドット」を下敷きにしてはいるものの、全く違うもの。

ええと、例えがよくわからなかったら 早乙女太一の舞台でも見に行ってください。

そんな話はどうでもいいんです。

我らが愛しの スーパースター・カズヤ のことだけ書いていればいいんですわたしは。

4.早乙女太一君ふんするミンの存在。

今回のミュージカルオリジナルのキャラクターですが、プッチーニ版のトゥーランドットでは、 拷問を受け、自害するのはリューであるのに対して、今回はミンが拷問を受け、自害する設定に なっています。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。