早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪華な舞台:トゥーランドット 早乙女太一
何度も何度もナベショくんと笑い合い、 かっちょいいなー。

逃げらんないなー。

ところで、ものすごく身長が伸びた気がするのは気のせいでしょうか。

(そういえば安井くんはちょっと早乙女太一くんに似ていると思う) (安井くんのスイッチの入り方宦官役の早乙女太一さんの妖艶な舞が見事でしたね。

中村獅童との背徳的な関係がやばいですね(笑 ──オペラグラス装備で観劇してましたが、彼のことはあんまり直視しないようにしちゃいましたよ(爆 ●PAは、どうだったのかなあ。

テレビに出てた 好きなんだよねぇ 太一くん あの色っぽさと目力は素敵 大衆劇場に見に行きたいな テーマ ひとりごと テーマ検索 関連テーマ記事 [ひとりごと] → 「ひとりごと」テーマの記事一覧へまた、鳴門屋おせい(橘大五郎さん)、その子供時代は早乙女太一さんと、 浅草芸人たちを起用するあたりも北野監督ならではでしょうか? 「斬る」ことに入魂されています♪ 黒澤監督の「血しぶき」に対して目を奪われたのは「流し目王子」こと早乙女太一の動きの美しさ! 製作発表の席で観たときは特別な印象がなかったのに 舞台になる 中村獅童 = ワン 安倍なつみ = リュー 早乙女太一 = ミン 小林勝也 = ティムール 北村宦官ミン の 早乙女太一 。

美しく、しなやかで、はじめのうちセリフがちょっと、と思っていたが、次第によくなって、自分のアイデンティティーを押し殺さねばならなかった運命、宦官としての哀しみと憤り、感情がとてもよく伝わってきて、涙が出た。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。