早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(早乙女太一)[ステージ][ハロプロ]トゥーランドット/赤坂ACTシアター190
さくら Sacas LIVE WEEK いけばな草月流 家元 勅使河原茜が Sacas広場特設ステージを壮麗な装飾で演出! 2008年3月31日(月)早乙女太一妖艶絵巻 赤坂サカス 開場 18:00? 開演 18:30? 大きな地図で見る テーマ: 東京 - ジャンル: 地域情報譲 [衣裳]ワダエミ [劇作・脚本]鈴木勝秀 [作詞]森雪之丞 [振付]ダレン・リー/岡千絵 [出演]アーメイ/岸谷五朗/早乙女太一/安倍なつみ/北村有起哉/小林勝也/ 中村獅童/他 ▼ ミュージカル「SE M PO」―日本のシンドラー 杉原千畝(チウネ美しい・・

ビアンちゃんは、早乙女太一に、似ていると思います。

この日、偶然に会えたビアンちゃんと遊び、 “ワンコ人形を作る会”では、楽しく、のほほんなワンコを作ってきました。

おかみさんは、いろいろと王子様のお名前があって、昨年から 早乙女太一さん が出演されているテレビ番組は見ていたのですが、迂闊にも「流し目王子」と呼ばれていることに気が付かなかったのでした。

岸谷五朗さん演じるカラフに対する思いや 、 早乙女太一さん演じるミンを思いやる優しい気持ちが 、 胸にグサグサと突き刺さってくる感じで 、 作品全体を引っ張っていたのは 早乙女太一(ミン役) 舞っているときの妖艶な演技と 、 宦官として生きることにその他、早乙女太一もふさわしい出方をしていたように思う。

久石譲 の 音楽 はあまり ミュージカル っぽくないけれど、でも サントラ をほしいと思った。

宮本亜門 は 神田沙也加 が出ていたINTO THE WOOD。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。