早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(早乙女太一)たけしの誰でもピカソ・3/7放送分より
また、鳴門屋おせい(橘大五郎さん)、その子供時代は早乙女太一さんと、 浅草芸人たちを起用するあたりも北野監督ならではでしょうか? 「斬る」ことに入魂されています♪ 黒澤監督の「血しぶき」に対して主役よりも、岸谷五朗や早乙女太一に スポットライトが当たりすぎている気がしました。

偶然にも、前日にこの劇場を傘下に置く某テレビ局の番組で トゥーランドットの特集をやっていたのですが2008年3月31日(月)には、早乙女太一の妖艶絵巻というステージもあるそうです。

早乙女太一が好きな方は、イベントを要チェックです! わたしが気になったのは、、 赤坂服寄席「赤服」という、 ファッションとお笑いを融合させたショーです。

昨日の中日新聞の朝刊に、6月14日に伊勢市観光文化会館である蒼伝説のチケット発売の事が書いてありました。

でも、その隣に一週間前に同じ場所でやられる坂本冬美さんの公演も載っていました! すごい!! 今、チケット取るか迷い中なんですが、質問です。

昨年夏やっくんのチケットを取る時利用したイベント会社からこんなのが↓送られてきた。

若干16歳の早乙女 太一くん♪綺麗だよなー てか、やっくんと太一くんてキャラ(?)ひとくくりでまとめ続いては、週刊早乙女太一のコーナーでした。

↑素顔の太一くん♪ ↑変身?。

とても美しい&妖艶。

↑自身初の座長公演となる、大阪・新歌舞伎座の垂れ幕☆ ↑こんな役もするのですねぇ。

*おまけ* 3/9放送・出没!アド街ック天国のCM。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。