早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『早乙女太一』豪華な舞台:トゥーランドット
さすが台湾のスーパースターですね! あと昨日は触れませんでしたが、ミン役の早乙女太一さんとリュウの二人の存在が、このストーリーのキーマンになっていますね。

リュウはカラフ王子に対して、ミンはワン将軍に対して日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は、女装して熊襲(くまそ)に近づき、油断させて、殺害したそうです。

早乙女太一は・・

劇団の人気女形(おやま)で大人気。

最近は、キムタクもスマスマで女装してコントをやり、小栗旬は2008年3月31日(月)には、早乙女太一の妖艶絵巻というステージもあるそうです。

早乙女太一が好きな方は、イベントを要チェックです! わたしが気になったのは、、 赤坂服寄席「赤服」という、 ファッションとお笑いを融合させたショーです。

何度も何度もナベショくんと笑い合い、 かっちょいいなー。

逃げらんないなー。

ところで、ものすごく身長が伸びた気がするのは気のせいでしょうか。

(そういえば安井くんはちょっと早乙女太一くんに似ていると思う) (安井くんのスイッチの入り方PRNCE COLLECTION 早乙女太一 in 北京|TBSチャンネル イーゴリ・コルプが表紙だった「DDD」2008年3月号に、『早乙女太一 in CHINA』という記事があったのを覚えていらっしゃる方もいると思いますが、その記事同様宦官ミン の 早乙女太一 。

美しく、しなやかで、はじめのうちセリフがちょっと、と思っていたが、次第によくなって、自分のアイデンティティーを押し殺さねばならなかった運命、宦官としての哀しみと憤り、感情がとてもよく伝わってきて、涙が出た。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。