早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【安倍なつみ】出演「トゥーランドット」観劇レポ2008.3.29【早乙女太一】
早乙女太一のカレンダーなどが売っているんだぁ・・

とボケッとしていると、いつの間にか横に衣装に着替えた出演者の方がタバコを吸っていてビックリ(*_*)。

写真を撮らせてもらっちゃいました。

いよいよ、お芝居の始まり?。

カラフ: 岸谷五朗 、ワン: 中村獅童 、リュー: 安倍なつみ 、ミン: 早乙女太一 、 ティムール : 小林勝 也、物売り: 北村有起哉 他総勢60名 【スケジュール&チケット】 http://www.turan.jp/tickets.html ↑これねぇ、興味はあるんですけどね。

はずれ 早乙女太一君が『さんちゃんねる』に出て、 「仲のいい芸能人は?」 との質問に 「木村さんによくしてもらってます」 と言ったそうです。

↑ 嬉しいけど、基本的に見ないよね。

早乙女太一さんとの共演で 話題になりましたね。

坂本冬美さんの歌の素晴らしさももちろんですが、 早乙女太一さんの男性とは思えない妖艶な舞いも流石! さて、せっかく私が 「寒椿」 演歌作詞したんですが、 三木たかしさんに作曲していただいてええと、例えがよくわからなかったら 早乙女太一の舞台でも見に行ってください。

そんな話はどうでもいいんです。

我らが愛しの スーパースター・カズヤ のことだけ書いていればいいんですわたしは。

岸谷五朗さん演じるカラフに対する思いや 、 早乙女太一さん演じるミンを思いやる優しい気持ちが 、 胸にグサグサと突き刺さってくる感じで 、 作品全体を引っ張っていたのは 早乙女太一(ミン役) 舞っているときの妖艶な演技と 、 宦官として生きることに。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。