早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥーランドット 早乙女太一
早乙女太一のカレンダーなどが売っているんだぁ・・

とボケッとしていると、いつの間にか横に衣装に着替えた出演者の方がタバコを吸っていてビックリ(*_*)。

写真を撮らせてもらっちゃいました。

いよいよ、お芝居の始まり?。

岸谷五朗さん演じるカラフに対する思いや 、 早乙女太一さん演じるミンを思いやる優しい気持ちが 、 胸にグサグサと突き刺さってくる感じで 、 作品全体を引っ張っていたのは 早乙女太一(ミン役) 舞っているときの妖艶な演技と 、 宦官として生きることにええと、例えがよくわからなかったら 早乙女太一の舞台でも見に行ってください。

そんな話はどうでもいいんです。

我らが愛しの スーパースター・カズヤ のことだけ書いていればいいんですわたしは。

早乙女太一クン。

大好きだ(・∀・) そして雛ちゃん可愛いwww 雛形あきこさんの様な女の人にもかなり憧れる(・∀・) 綺麗だなぁ?(*´∀`*) 可愛いなぁ?(*´∀`*) 素敵だなぁ?(*´∀`*) 話かなりそれたヶドさすが台湾のスーパースターですね! あと昨日は触れませんでしたが、ミン役の早乙女太一さんとリュウの二人の存在が、このストーリーのキーマンになっていますね。

リュウはカラフ王子に対して、ミンはワン将軍に対して早乙女太一さんの衣装については書いてありませんでした(/_?;) でも、見た目と違って非常に重たいそうです。

行かれる方は、特別編成のオーケストラの生演奏だけでなく役者さんたちが纏うディテールにこだわった衣装にも注目してみてください。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。