早乙女太一 旬です
見逃せない2008カレンダーからあの姿まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔早乙女太一〕祝祭音楽劇『トゥーランドット』
バラエティーに富んだキャストでしかも早乙女太一君が出るんだ? っという認識はあったんです(゜゜)(。

)(゜゜)(。

)ウンウン でもでもさんタクでもそうだったんですが 実は・・

早乙女太一君の素顔なるものを知らなかったんですよね (爆) なので宦官ミン の 早乙女太一 。

美しく、しなやかで、はじめのうちセリフがちょっと、と思っていたが、次第によくなって、自分のアイデンティティーを押し殺さねばならなかった運命、宦官としての哀しみと憤り、感情がとてもよく伝わってきて、涙が出た。

昨日の中日新聞の朝刊に、6月14日に伊勢市観光文化会館である蒼伝説のチケット発売の事が書いてありました。

でも、その隣に一週間前に同じ場所でやられる坂本冬美さんの公演も載っていました! すごい!! 今、チケット取るか迷い中なんですが、質問です。

ワーオ!早乙女太一 TBS局の正面玄関を入って、すぐ左のスペースを見ると、早乙女太一がいっぱい。

動くボードに、ポスターに、テレビの映像からは早乙女太一が。

ビックリしました。

3月27日から始まる祝祭音楽劇「トゥーランドット」に早乙女太一が出演。

まぁとにかくその、14年間、女たちをとりこにしてるキムタクさんですけどね、 斎藤の母親のユキさんもキムタクと早乙女太一くんの大ファンなんですけどね、 オカマ界では 全く人気がありません! むしろアンケートをとると嫌いな男の上位に入る存在です。

目を奪われたのは「流し目王子」こと早乙女太一の動きの美しさ! 製作発表の席で観たときは特別な印象がなかったのに 舞台になる 中村獅童 リュー = 安倍なつみ ミン = 早乙女太一 ティムール = 小林勝也 物売り = 北村有起哉。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。